KJClub 입니다.
홈페이지이용안내    질문과답변    홈페이지가입회원명단    이메일   
현재접속자:

| 일본어공부 |

제목: 연혁자료
이름: 관리자


등록일: 2015-05-15 15:10
조회수: 1739 / 추천수: 113


가야사와 고대한일관계에 대해서

加耶史と古代韓日關係について 


1. 머리말(はじめに) 

오늘 民間次元에서 韓國과 日本國民 間의 友好親善을 增進하고자 하는 뜻 깊은 國際交流行事에 KJ크럽의 招請을 받아 特講을 하게 되어 매우 榮光스럽게 생각합니다.

本日民間レベルでの韓國と日本國民の間の友好親善を進めようとされていらっしゃる意味深い國際交流行事にKJクラブさまのお招きを受けて特別講義ができますことを非常に光栄に存じます。

 

저에게 주어진 時間이 많지 않기 때문에 簡略하게 加耶의 歷史를 紹介하고 神話를 中心으로 加耶와 古代日本國家建設 間의 關係에 關하여 말씀드리고자 합니다.

私に与えられた時間が限られているため、簡単に加耶の歷史を紹介して、神話を中心に加耶と古代日本國家建設の間の關係に關してお話させていただこうかと存じます。

 

2. 簡略한 加耶史(加耶の略史)

 

우선 加耶라고 하는 나라는 考古學的으로 밝혀진 바에 의하면 韓國의 慶尙南道 거의 全域과 慶尙北道 一部, 그리고 全羅南北道 東部地方에 걸쳐 存在한 것으로 밝혀지고 있는데 스스로 쓴 歷史書를 남기지 않아 그 歷史의 全貌를 알 수는 없습니다.

まず加耶という国は考古學的に明らかになったところによると、韓國の慶尙南道のほとんど全域と慶尙北道の一部、そして全羅南北道の東部地方にわたって存在したことが明らかになっていますが、自ら書いた歷史書を残さなかったため、その歷史の全貌を知ることはできません。   

다만 斷片的인 韓國側 文獻史料에 의하면 紀元後 42年에 建國되어 562年에 新羅에 의하여 滅亡하기까지 520年의 긴 歷史를 가진 여러 小國들이 結合한 聯盟體國家 또는 古代國家初期段階의 國家였습니다.

ただ、斷片的な韓國側の文獻史料によると、紀元後42年に建國され562年に新羅によって滅亡するまでに520年の長い歷史を有する諸小國が結合した連盟体國家または古代國家初期段階の國家でした。

加耶史의 初期段階에서 加耶는 慶尙南道 金海地方의 金官加耶國이 中心이 되어 10餘個 小國들이 聯盟體를 이루고 있었는데 그 中 金官加耶國은 鐵生産을 基盤으로 國際交易을 통해 發展하고 있었으며 交易의 相對國은 漢나라의 樂浪, 帶方 2郡과 韓, 濊, 그리고 倭로서 특히 倭와 많은 交流가 있었던 것으로 밝혀지고 있습니다.

加耶史の初期段階で加耶は慶尙南道金海地方の金官加耶國が中心になって10餘か国の小國が連盟體をなしていました。その中で金官加耶國は鐵の生産を基盤に國際交易を通じて發展していました。交易の相手國は漢の樂浪、帶方の2郡と韓、濊、そして倭で、特に倭と多くの交流があったことが明らかになっています。

 硏究者들에 의하면 日本과의 交流에서는 倭가 奴隸나 玉을 輸出하고 그 代價로 金官加耶에서 生産되는 鐵을 輸入해간 것으로 되어 있습니다.

硏究者らによると日本との交流では倭が奴隸や玉を輸出して、その代價として金官加耶で生産される鐵を輸入していったことになっています。

 

金官加耶國은 紀元後 400年의 高句麗의 廣開土好太王의 南征을 契機로 하여 衰殘하게 되고 最終的으로는 532年에 新羅에 나라를 바치고 合倂됨으로써 歷史 속에서 사라지고 맙니다.

金官加耶國は、紀元後400年の高句麗の廣開土好太王の南征を契機に衰殘し、最終的には532年に新羅に国を捧げて合倂されることで、歷史の中で消えてしまいます。

 

한편 廣開土好太王의 南征으로 因해 金官加耶國을 中心으로 했던 南部 加耶聯盟體가 衰退하면서 새로이 登場한 加耶聯盟体의 盟主가 된 것이 慶尙北道 高靈을 都邑으로 했던 大加耶國입니다.

一方、廣開土好太王の南征によって金官加耶國を中心とした南部加耶連盟體が衰退しながら新たに登場した加耶連盟体の盟主になったのが慶尙北道高靈を都とした大加耶國です。

 

大加耶國은 加耶時代의 初期에는 慶尙北道 高靈郡 開津面의 盤雲里 周邊을 中心都邑으로 하여 存在했던 半路國이라는 小國이었으나 4世紀 中盤이후 慶尙南道 陜川郡 冶爐面의 鐵山이 開發되면서 急速히 成長하기 시작하여 5世紀代 後半에는 中央集權的인 古代國家로 發展해가고 있었습니다.

大加耶國は、加耶時代の初期には慶尙北道高靈郡開津面の盤雲里周辺を都の中心として存在した半路國という小國でしたが、4世紀中盤以降、慶尙南道陜川郡冶爐面の鐵山が開發され急速に成長し始め、5世紀後半には中央集權的な古代國家に發展していました。

 

考古學的 發掘에 의하면 大加耶는 王陵에 40餘名을 殉葬시킬 程度의 强力한 王權이 存在하였고 慶尙南道 陜川郡과 居昌郡을 直轄支配地域으로 하고 그 周邊地域을 服屬시키면서 한 때는 新羅나 百濟와 어깨를 나란히 할 程度의 國力을 伸張시켜 古代國家의 面貌를 갖추었던 것으로 判斷되어집니다.

考古學的發掘によると、大加耶は王陵に40餘名を殉葬させるほどの强力な王權が存在し、慶尙南道陜川郡と居昌郡を直轄支配地域として、その周辺地域を服屬させ、一時は新羅や百濟と肩を並べるほどの國力を伸張させ、古代國家の形を備えたものと判斷されます。

 

大加耶國은 5世紀 後半에 이르러 全羅南北道의 小白山脈 동쪽 溪谷을 타고 흘러내려 南海로 들어가는 蟾津江 流域을 掌握하여 日本 및 中國과의 交易루트를 確保하는가 하면 紀元後 479年에는 大加耶의 荷知王이 中國의 南齊에 使臣을 派遣하여 南齊로부터 輔國將軍本國王이라는 爵號를 받아 國家의 位相을 드높이기도 하였습니다.

大加耶國は、5世紀後半に達し全羅南北道の小白山脈の東側の溪谷を下り、南海に入る蟾津江流域を掌握して日本及び中国との交易ルートを確保するばかりでなく、紀元後479年には大加耶の荷知王が中国の南齊に使臣を派遣して、南齊から輔國將軍本國王という爵號を受けて國家の地位を高めてもいました。

 

特히 大加耶는 韓半島에서 日本과의 交易의 主導權을 掌握하여 鐵生産을 基盤으로 鐵素材와 더불어 刀劍이나 冠, 耳飾 등 威勢品, 華麗한 馬具와 말 飼育技術, 漢字 等 優秀한 先進文物을 日本에 傳하고 있었습니다. 地域的으로는 큐슈(九州)地方은 물론이고 세도나이카이(瀨戶內海)를 經由하여 日本의 大部分의 地域과 交易을 했던 것이 考古學的으로 밝혀지고 있으며 相當數의 大加耶人들이 日本으로 건너가 定着하면서 日本의 古代國家形成에 寄與한 것으로 推論되고 있습니다.

特に大加耶は、韓半島で日本との交易の主導權を掌握して、鐵の生産を基盤に鐵素材とともに、劍や刀、冠、耳飾などの威信財、華麗な馬具と馬の飼育技術、漢字等、優秀な先進の文物を日本に傳えていました。地域的には九州地方はもちろん、瀬戸内海を經由して日本の大部分の地域と交易をしたことが考古學的資料により明らかになっていて、相當數の大加耶人たちが日本に渡って定着しながら日本の古代國家形成に寄與したものと推論されています。

 

그러나 大加耶國은 6世紀 前半부터 蟾津江 中下流域의 所謂 任那四縣을 百濟와의 競爭에서 빼앗기고 交易路를 遮斷 當하게 되면서 急速히 衰退하기 시작합니다. 百濟의 東進政策에 밀려 新羅와 結婚同盟을 맺고 獨立된 地位를 維持하고자 하였으나 이마저 新羅의 背反으로 破綻에 이르고 다시 百濟와 同盟하여 新羅에 對抗하였으나 管山城 戰鬪의 敗北로 滅亡의 길로 가게 됩니다.

しかし大加耶國は、6世紀前半から蟾津江の中下流域のいわゆる任那四縣を百濟との争いで奪われ、交易路を遮斷されることになり急速に衰退し始めます。百濟の東進政策に押されて、新羅と結婚同盟を結んで獨立された地位を維持しようとしましたが、これも新羅の裏切りによって破綻することになり、再び百濟と同盟し新羅に對抗しましたが、管山城の戰鬪の敗北により滅亡の道へと歩むことになります。

 

加耶의 最後 滅亡過程에 對해서는 韓國의 史書 三國史記에 簡略하게 傳하고 있으나 日本書紀에는 매우 仔細하게 記錄되어 있는데 이 무렵 慶尙南道 咸安郡을 都邑으로 하고 있던 阿羅伽耶의 位相이 돋보이기도 합니다. 咸安에는 末伊山 古墳群이 存在하고 大規模 土器生産遺蹟이 發掘된 바 있어서 日本과의 交流에 一定部分 役割을 한 것으로 보아집니다.


加耶の最後の滅亡過程については、韓國の史書の三國史記に簡潔に傳えられていますが、日本書紀には非常に詳しく記錄されています。このころ慶尙南道の咸安郡を都としていた阿羅伽耶の姿が顕著に現れたりもします。咸安には末伊山古墳群が存在して、大規模な土器生産の遺蹟が發掘されたことがあり、日本との交流に一定の役割を果したものとみられています。


 

어쨌든 加耶의 여러 나라들은 强力한 中央集權的인 統一國家를 이룩하지 못했던 탓으로 發展된 技術文明과 文化水準을 갖고 있었음에도 불구하고 新羅에 의한 漸進的인 壞滅戰略에 휘말려 하나하나 新羅에 服屬되고 맙니다.

とにかく加耶の多くの国は、强力な中央集權的な統一國家を成し遂げることができなかったため、發展した技術文明と文化水準を持っていたにもかかわらず新羅による漸進的な壞滅戰略に巻き込まれて、一つ一つ新羅に服屬させられてしまいます。

文獻記錄에 의하면 562年에 大加耶는 新羅의 異斯夫將軍 麾下의 花郞 斯多含이 이끄는 5000 騎兵에 의하여 武力으로 陷落되고 歷史 속에서 사라집니다.


文獻の記錄によると、562年に大加耶は新羅の異斯夫將軍の麾下の花郞の斯多含が率いる5000の騎兵によって、武力により陷落し歷史の中から消え去ります。

 

3. 神話를 通해 본 加耶와 古代日本

(神話を通じてみた加耶と古代日本)1


韓國과 日本의 神話硏究者들에 依하면 日本의 建國神話에 加耶建國神話의 要素가 發見되고 古代日本과 加耶의 緊密했던 關係를 생각하여 日本古代國家의 建設을 加耶人들이 主導한 것이 아닌가 생각하는 사람들이 있습니다.


韓國と日本の神話の硏究者によれば、日本の建國神話に加耶の建國神話の要素が発見され、古代の日本と加耶の密接な關係を考えて日本古代國家の建設を加耶人が主導したのではないかと考える人がいます。 

저도 그 中의 한 사람입니다마는 이 主張에는 두 가지 部類가 있습니다.

私もその中の一人ですが、この主張には二つの種類があります。

 

우선 金海의 金官加耶國 建國神話와 日本建國神話의 類似性을 들어서 金官加耶勢力이 日本으로 건너가 日本의 天皇家를 形成하였다고 하는 주장을 먼저 말씀드리겠습니다.

まず金海の金官加耶國の建國神話と日本の建國神話の類似性をあげて、金官加耶の勢力が日本に渡り、日本の天皇家を形成したという主張を先に申し上げます。

 

이 主張의 根據는 金官加耶國의 建國神話에 나오는 龜旨峯과 日本建國神話에 나오는 쿠지후루다케(久士布流多氣)가 一致하고 天孫降臨의 形態 또한 一致한다는 것입니다. 다만 이 主張에 疑問을 提起하는 사람들 가운데는 金官加耶國 神話에는 卵生의 要素가 있지만 日本의 建國神話에는 卵生이 나오지 않는다는 것입니다.

この主張の根據は、金官加耶國の建國神話に出てくる龜旨峯と、日本の建國神話に出てくる久士布流多氣が一致し、天孫降臨の形態もまた一致するということです。ただ、この主張に疑問を提起する人たちの中には、金官加耶國の神話には卵生の要素がありますが、日本の建國神話には卵生が出てこないということです。

   

한편 日本天皇家의 起源을 金官加耶國에서 구하는 主張에는 특이하게 日本의 史學者 에가미나미오(江上波夫)敎授가 있는데 그는 中國의 東北地方에 있던 騎馬民族(扶餘族)이 南下하여 金海에 金官加耶國을 建設하고 또 一部가 日本으로 건너가서 征服하여 日本의 古代國家를 建設하였다는 것입니다.

一方、日本天皇家の起源を金官加耶國に求める主張には珍しく日本の史學者の江上波夫敎授がいますが、彼は中国の東北地方にいた騎馬民族(扶餘族)が南下して金海に金官加耶國を建設して、また一部が日本に渡って征服し日本の古代國家を建設したということです。

 

金海의 大成洞古墳群이 發掘되면서 强力한 考古學的 根據가 나왔던 것으로 주장되어지고 있습니다.


金海の大成洞古墳群が發掘されることにより、强力な考古學的な根據が出たと主張されています。

 다음으로는 大加耶의 都邑地였던 高靈을 日本天皇家의 故鄕으로 보는 主張입니다.

次は大加耶の都だった高靈を日本天皇家の故鄕とみる主張です。

 

이 主張은 日本의 쓰쿠바(筑波)大學의 名譽敎授 마부찌가즈오(馬渕和夫)敎授가 1996年에 發表한 論文에 나타나 있습니다. 그는 「高天原の故地」라는 論文에서 몇 가지 根據를 가지고 日本天皇家의 故鄕은 慶尙北道 高靈이라고 主張하였습니다.

この主張は、日本の筑波大學の名譽敎授馬渕和夫敎授が1996年に發表した論文に表れています。彼は「高天原の故地」という論文で、いくつかの根據をあげて日本天皇家の故鄕は慶尙北道高靈であると主張しました。


 

우선 그분은 日本의 建國神話에 나오는 수사노오노미꼬도(素戔嗚尊)가 新羅國 소시모리(曾尸茂梨)에 내려와 살았다는 句節에 着眼하여 天皇家의 故鄕인 高天原이 新羅國의 隣近 加耶地域에 位置하고 있음에 틀림이 없다고 생각하였으며 加耶地域 가운데 神話의 內容을 檢討하여 보면 바닷가인 金海地域보다는 山間에 위치한 慶尙北道 高靈이 適合하다고 보았습니다.


まず彼は日本の建國神話に出てくる素戔嗚尊が新羅國の曾尸茂梨に来て暮らしたというところに着目して、天皇家の故鄕の高天原が新羅國の近隣の加耶地域に位置しているに違いないと考えて、加耶地域の中で神話の內容を檢討してみると海辺の金海地域よりは山間に位置した慶尙北道高靈が適しているとみました。

 結局 그의 主張은 自身이 陳述하고 있듯이 神話의 內容分析을 通해 에가미나미오(江上波夫)敎授의 騎馬民族征服王朝說을 뒷받침하는 것이라고 할 수 있지만 다른 점은 高靈이 本家이고 金海는 分家라는 것입니다.


結局彼の主張は、自身が陳述しているように神話の內容分析を通じて江上波夫敎授の騎馬民族征服王朝說を裏付けるものですが、異なる点は高靈が本家で金海は分家ということです。

 

다시 말해서 中國의 東北地方에 있던 騎馬民族이 南下하여 高靈의 山間地域으로 먼저 들어오고 그 一部가 南으로 내려가 金海地域에 金官加耶國을 建設하였는데 金海地域의 경우 鐵生産과 交易의 有利点으로 먼저 發展하였을 뿐이며 結局 大加耶勢力이 日本으로 건너가 日本의 古代國家를 建設한 것이라는 것입니다.

さらにいえば、中国の東北地方にいた騎馬民族が南下して、高靈の山間地域に先に入ってきて、その一部が南に下って金海地域に金官加耶國を建設したのですが、金海地域の場合、鐵の生産と交易の有利な点で先に發展しただけで、結局大加耶勢力が日本に渡り、日本の古代國家を建設したということです。 

한편 마부찌가즈오(馬渕和夫)敎授의 主張에 共感하였던 분이 있습니다. 加耶大學校의 設立者 李慶熙 博士님입니다. 李慶熙博士께서는 평소 加耶의 遺物과 歷史에 대하여 關心이 많으셔서 加耶博物館을 建立하시고 많은 遺物을 收集 所藏케 하셨는데 加耶大學校의 總長으로 在職하실 때 마부찌가즈오(馬渕和夫) 敎授의 論文을 接하시고 全的으로 共感하셔서 「高天原故地」라는 碑를 高靈캠퍼스 敷地 內에 建立하시고 이를 內外에 널리 알리고자 하셨습니다.

一方、馬渕和夫敎授の主張に共感した方がいます。加耶大學校の設立者の李慶熙博士です。李慶熙博士は普段加耶の遺物と歷史について關心が高く、加耶博物館を建立して多くの遺物を收集所藏されましたが、加耶大學校の總長に在職されていた時、馬渕和夫敎授の論文に接して全てに共感され「高天原故地」という石碑を高靈キャンパスの敷地內に建立して、これを內外に広く伝えようとされました。  

그 분이 그러한 主張에 共感하신 動機는 평소 收集하셨던 加耶地域의 古代遺物 가운데 日本 天皇家의 三種의 神器가 흔히 發見되고 神話에 나오는 소시모리(牛頭山)가 居昌郡 加祚面에 있는 것을 發見하셨기 때문입니다.


その方がそのような主張に共感した動機は、普段收集された加耶地域の古代遺物のうち、日本の天皇家の三種の神器(鏡․玉․剣)がよく発見され、神話に出てくるソシモリ(牛頭山)が居昌郡加祚面にあることを見つけられたためです。 

李慶熙 博士께서는 高天原을 慶尙北道 高靈으로 比定하는 主張이야말로 韓日 間의 오랜 惡緣을 끊고 善隣友好의 길로 나아가는 디딤돌이라고 생각하시고 生前에 16回에 걸쳐 日本의 文化界 人士들과 더불어 高天原祭를 擧行해 오셨습니다.

李慶熙博士は、高天原を慶尙北道高靈に比定する主張こそ韓日間の長い惡緣を切って善隣友好の道に進むための基盤だと考えられ、生前に16回にわたって日本の文化界の士人らとともに、高天原祭を行って来られました。  

高天原祭 行事에서는 大加耶의 祖上神 天神 夷毗訶, 加耶山神 正見母主, 大加耶 初代王 伊珍阿豉王 등 세 분의 神位와 日本 建國神話의 主人公 아마데라스오호미까미(天照大神)와 수사노오노미꼬도(素戔嗚尊) 두 분의 神位를 모시고 祭禮를 하고 있습니다.


高天原祭の行事では、大加耶の祖上神の天神夷毗訶、加耶山神正見母主、大加耶初代王伊珍阿豉王の三柱の神と日本の建國神話の天照大神と素戔嗚尊の二柱の神を招いて祭禮を行っています。 

4. 맺음말(おわりに)


마지막으로 簡單하게 加耶와 古代日本의 建國과 關聯하여 不足함이 많은 저의 所見을 말씀드리겠습니다.


最後に簡單に加耶と古代日本の建國と関連して、及ばずながら私の所見を申し上げます。

저는 어찌된 緣由인지는 確實하지 않지만 日本의 建國神話의 主要한 緣故地로서 慶尙北道 高靈과 慶尙南道 金海가 모두 들어가 있다는 것입니다. 말하자면 마부찌가즈오(馬渕和夫)敎授의 主張과 에가미나미오(江上波夫)敎授의 主張을 모두 統合하는 綜合的인 說明의 틀이라고 해야 할 것입니다.

私はどういう緣由かはっきりとはわかりませんが、日本の建國神話の主な緣故地として、慶尙北道高靈と慶尙南道金海が共に入っているということです。いわば馬渕和夫敎授の主張と江上波夫敎授の主張を併せ持つ総合的な說明のかたちと言うべきかと思います。

 

저의 主張의 要旨는 아마데라스오호미까미(天照大神)와 수사노오노미꼬도(素戔嗚尊)가 함께 登場하는 天石窟 神話의 地理的 舞臺는 高靈과 그 隣近地域이고 수사노오노미꼬도(素戔嗚尊)가 登場하는 八岐大蛇退治神話의 地理的 舞臺는 金海와 그 隣近地域이라는 것입니다.

私の主張の要旨は、天照大神と素戔嗚尊が共に登場する天石窟の神話の地理的な舞臺は高靈とその近隣地域で、素戔嗚尊が登場する八岐大蛇退治の神話の地理的な舞臺は金海とその近隣地域ということです。  

아직 저의 主張에 대한 反論이 너무나 强해서 여러분에게 자세하게 說明하지 못하는 것을 悚懼스럽게 생각합니다마는 日本의 긴메이(欽明)天皇이 加耶의 復興에 그토록 執着했던 것을 생각해보면 그리고 日本古代史의 相當部分이 加耶와 關聯된 內容으로 채워져 있는 것을 생각해보면 무언가 보다 根源的인 連繫가 加耶와 古代日本國家建設 間에 있었던 것은 아닐까 라고 생각해봅니다.

まだ私の主張に対する反論があまりにも強すぎて、皆さまに詳しくご說明申し上げられないことを恐縮に存じますが、日本の欽明天皇が加耶の復興にあれほど執着したことを考えてみると、そして日本古代史の相當部分が加耶と関連した內容で埋められていることを考えてみると、何かより根源的な繋がりが加耶と古代日本國家建設の間にあったのではないかと考えてみたくなります。

 저의 이야기를 敬聽해주셔서 感謝합니다.

ご清聴、誠にありがとうございました。    

                       2015年4月10日    加倻大學校 加倻文化硏究所長 

                                           李 東 鎭                                                          

 

 


  -목록보기  
의견(코멘트)을 작성하실 수 없습니다. 이유: 권한이 없는 회원레벨
번호 C  글쓴이 제목 등록일 추천 조회
공지
 관리자
 ◎ 日本語をローマ字で書く 2013-10-02 269 3390
34
 관리자
 연혁자료 2015-05-15 113 1739
33
 오경환
 한일 chat log 10/13 2011-10-13 260 4959
32
 오경환
 한일 chat log 10/8 2011-10-08 234 4885
31
 김학도
 경고! (광고 선전물 올리는 이에게) 2010-06-18 354 2616
30
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (15) - 問病時의 言語 2009-10-13 295 3220
29
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (14) - 의뢰 ・ 거절 2009-07-09 275 5329
28
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (13) - 사과를 전하는 언어 2009-05-18 324 2880
27
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (12) - 감사를 전하는 말 2009-04-04 347 2724
26
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (11) 파티에서의 대화술 2009-02-27 290 2482
25
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (10) 술자리에서의 스마트한 대화 2008-11-29 360 2911
24
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (9) 음식점에서의 에티켓 2008-11-06 323 2806
23
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (8) 전화 걸기, 받기 (속) 2008-10-01 342 3362
22
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (7) 전화 걸기, 받기 2008-08-20 382 3018
21
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (6) 이웃과의 원만한 사귐 2008-07-14 397 2852
20
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기(5) 방문했을 때의 대화법 2008-06-21 417 3165
19
 최성자
 아름다운 읿본어로 말하기(4) 호텔이나 여관에서... 2008-05-21 482 3474
18
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (3) 「すみません」사용법  2 2008-05-10 468 3510
17
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기 (2) 자신을 가리킬 때, 상대를 부를 때  3 2008-05-03 462 3489
16
 최성자
 아름다운 일본어로 말하기(1) 일상적인 인사  2 2008-04-29 491 3366
-목록보기  -다음페이지  
1   2  
       
Copyright 1999-2017 Zeroboard / skin by DQ'Style 

Copyright ⓒ 2007 KJCLUB. all rights reserved.