KJClub 입니다.
홈페이지이용안내    질문과답변    홈페이지가입회원명단    이메일   
현재접속자:

| 한국과 일본의 문화 |

제목: 安重根義士とその平和思想 (1)
분류: 한국문화
이름: 申鉉夏


등록일: 2020-09-13 09:40
조회수: 12 / 추천수: 1




安重根(アンジュングン)義士とその平和思想



 



   



                                      



                                   



「平和」、おそらく人類史上もっとも多く膾炙(かいしゃ)された用語ではなかろうか。特に



現在は、イデオロギ-葛藤(かっとう)で一寸先も見通せなかった冷戦時期より、もっ「平和」を声高に叫んでいる。今日世界は、どこということなく領土、人種、宗教など多様なイデオロギ-により、紛争と葛藤と暴力が止まずにあるからである。



百年前の世界も今より平和ではなかった。科学技術の先に進んだ西欧は、先進文明を先立たせて東洋に食い入って来た時期であ。そしてアジアでは、西欧の文明をいち早く受け入れた日本が、東アジア諸国を侵食していた時である。まさの時、熱血の大韓青年安重根は国家の破局を目撃して、て祖国の主権を奪いとった侵略の首魁(しゅかい)に伊藤博文を指目する。伊藤はアジア地域の平和を撹乱(かくらん)した当事者であり、彼を除去することだけが祖国の独立を取り戻し、それによってアジア地域の平和を植え直せると見たのである。



同じ時期、欧米の国際社会では帝国主義の疾走がもたらす危機を警戒し、これを抑制するための国際平和運動が起きていた。一九一〇年(明治四十三)、カ-ネギ-国際平和基金が発足し、最初の仕事としてハ-グに平和宮を建てて国際平和運動の中心になるようにした。これに先立つ一九〇○年(明治三十三)、ノ-ベル財団が創られて翌年から平和章が授賞され、赤十字社を創立したアンリ・デュナンが初の受賞者に選定された。その後ノ-ベル平和賞は、国際平和に寄与した人物または機構を受賞者に宣揚しながら、カ-ネギ-平和基金とともに平和運動の重要性を覚醒(かくせい)させる役割を遂行した。このような努力が積まれて、一九二九年(昭和四)、ついに人類史上初に最大の平和維持組織である国際連盟が誕生した。



欧米世界の国際平和運動は、遠く離れた東アジアにも影響を及ぼした。しかしここでは、西洋文明受でもっとも先立った日本が平和の理念を歪曲(わいきょく)して、欧米世界とは全く異なった歴史が展開された。伊藤博文をはじめとした日本の政治家達は、日本帝国の侵略政策を糊塗(こと)する手段として欧米の国際平和運動を利用した。一八九〇年代中盤、清日(日清)戦争を終えた後、再び十年間多くの金額を投入して軍備を拡充した日本は、一九〇四年(明治三十七)月に露日(日露)戦争を起した。戦争を準備する途中に西欧で国際平和運動が起きるや日本の政治指導者達は、自分達の起す戦争は東洋平和のためであるという憶説を広めた。東洋平和のためには東洋進出をねらうロシアと戦わざるを得ないというのである。この戦争を終えた後、戦勝を背景に大韓帝国の外交権を奪う「保護条約」を強制して侵略性を(あらわ)にした。



この条約不法的強要されたというのを国際社会らせるため、一九〇七年(明治四十)六月、韓国皇帝は、オランダのハ-グでかれた第二次万国平和会議三人特使派遣した。ここにその虚偽非行するや、日本政府は国皇帝強制的退位させた上、うその詔勅軍隊まで解散させた。国人達国内外義兵し、日本不法強制行為しながら国権守護のためみどろのいを展開した。一九〇九年(明治四十二)十月二十六日大韓義軍特派隊としての安重根が、ハルビン鉄道停車場国の国権奪取頭目である伊藤博文処断したのは、そのもっともかしい闘争成果であった。安重根は、伊藤博文狙撃の現場で「大韓万歳」三度叫び、月後の一九一〇年三月二十六日死刑執行では「東洋平和」の三唱ったが許されなかった。



一九○四年二月に起きた露日戦争は、翌年六月にロシアの敗北で終った。戦勝国日本は、戦利品としてロシアが満州に敷設した鉄道運営事業の一部の移管を引き受けた。満州南部縦断鉄道の旅順~長春間の管理権を引き受けたのがそれで、日本ではこれを南満州鉄道と呼称した。一方敗戦後のロシアは深刻な財政難に陥った。一九○九年の春、財政大臣ココチョプは、満州鉄道のうち東清鉄道を売却することを政府に提案した。シベリア鉄道と満州鉄道という二羽の兎を追っていて、沿海州一帯の支配権まで無くすかも知れないとの危機感から、沿海州一つでも無事に守ることを目標にして売却を提案したのであ



このようなな状況下で会心の笑みをこぼしたのは、韓国統監の職から退き大磯の別荘で蟄居(ちっきょ)生活をしていた伊藤博文だった。この際日本がこの鉄道を買い入れ、満州に対する支配権を強化する契機にする懐勘定で、彼は対ロシア外交ラインを隠密(おんみつ)に稼動させた。これを統監辞任という不名誉を(そそ)げる絶好の機会と見た伊藤博文は、ココチョプに逢うため老躯を押し切って満州へ旅したのであった



筆者の手元にある一九〇九年十月二十七日付の『東京朝日新聞』第二面冒頭には、(二十六日ウラジオストク特派員発)「伊藤公暗殺さる 伊藤公は二十六日朝、ハルビン停車場で韓人により狙撃され絶命したとの報告があった」、という記事が載っている。ついで(二十六日上海特派員発)「伊藤公暗殺 ハルビンからの報道によれば、今朝の九時三十分、韓国人刺客が爆裂弾を持って伊藤公を殺害した。このとき川上(総領事)、田中(満州鉄道理事)両氏も負傷した」という記事があって、その記事の中の韓(国)人がまさに安重根その人である。日本人の中には安重根を一介の暗殺者と見誤る人もいるようだが、韓国では彼の伊藤博文狙撃事件を「義挙」と見なし、彼を「義士」として国民こぞって(あが)め慕っている。



安重根は、一八七九年(明治十二)、韓(朝鮮)半島北部黄海(ファンヘ)海州(ヘジュ)の富裕な家庭の長男として生まれた。胸と腹に七つの点があり北斗七星の気運に応じて生まれたとの意味で幼名を「応七(ウンチル)」と名づけた。安重根という名前とともに安応七とも呼ばれるのはこのような訳である。成長するにつれ乗馬と猟に()け名射手とも呼ばれる一方、近代的新文物受容の必要性を認識した開化的思考を身に着けていた。篤実なカトリック教信者の家庭で生まれた彼の洗礼名は「トマス」である。



一九〇九年十月二十六日、ハルンは民族の念願をこめた銃弾が伊藤博文を射殺した日である。安重根はその場で逮捕され旅順法院で死刑宣告を受けるに至る。彼は逮捕直後日本の溝渕検察官の前で、大韓帝国の自主権と財産権など重大な国権を踏みにじった伊藤博文を、射殺するしかなかった理由を堂々と列挙した。特に自分は韓国のため義兵中将として活躍しているし、今度の行為もその資格でなされたことなので、捕虜としての取り扱いを受けるのが当然である。したがって国際公法や万国公法を適用すべきなのに、普通の裁判所である旅順地方裁判所で審理判決するのは甚だ不当であると繰り返し抗議した。



囲われた五ヶ月の間何度の訊問と超高速裁判が行われ、翌一九一○年二月十四日、当時政治犯には宣告しなかった死刑を安重根には宣告した。安重根は自身の幼名を使った短い文章<安応七の所懐>で、次のように平和平等思想の理論的根拠を提示した事がある。



 



天が人を降し世の中がみな兄弟になった。それぞれ自由を守り生を好み死を嫌うのは誰もが持つ清い情である。今日世の中の人達は例により文明社会だというけれど、私はひとりそうでないのを嘆く。およそ文明というのは、東西洋、見目よい人、不出来な人、男女老若を問わずおのおの天賦の性分を守り、道徳を崇め尊び、互いに争う心がなく、自分の地で平安に生業を楽しみながらともに太平を享受するそれであろう。



 



安重根は、自由、平等、幸福の追求権などを言及したアメリカの独立宣言書からもう一歩更に進み、人間の生命尊重と人種や能力、年齢、性に拘らぬ人間観を持ち、当代先進国等の殺傷武器開発と無分別な使用を批判している。先進国がこのように自然の順理に逆らいながら葛藤と紛争を図る中で、特に伊藤博文は韓国を含むアジアの数多くの青年達を殺戮(さつりく)するのに先頭に立ったので、とても見るに見兼ねなかったとのことである。



-추천하기     -목록보기  
의견(코멘트)을 작성하실 수 없습니다. 이유: 권한이 없는 회원레벨
번호 Category C  글쓴이 제목 등록일 추천 조회
공지 -
 조경식
 全州、第十三回韓日交流会での挨拶 2013-06-08 152 1129
95 한국문화
 申鉉夏
 歴史に真正面から向き合おう -関東大震災と内鮮人の悲劇- 2020-09-22 0 4
94 한국문화
 申鉉夏
 帰化の将「沙也可」、金忠善になる (2) 2020-09-17 0 4
93 한국문화
 申鉉夏
 帰化の将「沙也可」、金忠善になる (1) 2020-09-17 0 4
92 한국문화
 申鉉夏
 安重根義士とその平和思想(2) 2020-09-13 1 14
91 한국문화
 申鉉夏
 安重根義士とその平和思想 (1) 2020-09-13 1 12
90 한국문화
 申鉉夏
 童謡劇『月の砂漠』(2) 2020-09-08 2 40
89 한국문화
 申鉉夏
 童謡劇『月の砂漠』(1) 2020-09-08 1 14
88 한국문화
 申鉉夏
 大学生の「新」朝鮮通信使 2020-09-04 1 23
87 한국문화
 申鉉夏
 日本における嫌悪表現はなぜ在日韓国(朝鮮)人を狙うのか 2020-08-31 1 17
86 한국문화
 申鉉夏
 韓国の멋(風雅)(3) 2020-08-28 1 36
85 한국문화
 申鉉夏
 韓国の멋(風雅)(2) 2020-08-28 1 17
84 한국문화
 申鉉夏
 韓国の멋(風雅)(1) 2020-08-28 1 30
83 한국문화
 申鉉夏
 韓(朝鮮)半島と日本誇大文化(2) 2020-08-24 1 24
82 한국문화
 申鉉夏
 韓(朝鮮)半島と日本古代文化(1) 2020-08-24 1 23
81 한국문화
 申鉉夏
 種無し西瓜 2020-08-23 1 23
80 한국문화
 申鉉夏
 三田渡碑に想う 2020-08-19 2 75
79 한국문화
 申鉉夏
 わが竹馬の友 (3) 2020-08-16 2 28
78  
 申鉉夏
 わが竹馬の友 (2) 2020-08-16 2 76
77 한국문화
 申鉉夏
 わが竹馬の友 (1) 2020-08-16 2 23
-목록보기  -다음페이지  
1   2   3   4   5  
       
Copyright 1999-2020 Zeroboard / skin by DQ'Style 

Copyright ⓒ 2007 KJCLUB. all rights reserved.